Googleが開発中「拡張現実メガネ」ドラゴンボールのスカウター以上のことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


 
2012年4月4日にGoogleが「拡張現実メガネ」の計画を発表しました。
拡張現実メガネはどういうものなのかまとめて見ますと。

 

Googleが開発中「拡張現実メガネ」

「拡張現実メガネ(ARメガネ)」を装着するとメガネ上に様々な情報が表示されたり。
音声に反応して天気を見たり、目的地までのナビゲーションを現実世界の風景に重ねて
見たりすることができるようになっています。
 

 
お店でホットドッグを買う場合の、決済も動画公開されている動画では、
このめがねを通じて可能となっていました。

 
 
拡張現実メガネにはスピーカーも付属しており
音楽を再生したり、電話や動画を用いたライブチャットも可能となっています。
チャットでは、メガネを通じて見える風景を相手にそのまま届けることが可能。
操作は音声を基本とし、音声に反応して様々な情報を提供する仕組みになっている。

 

ドラゴンボールのスカウターっぽく
相手の位置がわかったり、通信することもできます。
発売されて、エイプリルフールになったら
Google+と連動して、サークル登録者の戦闘能力の表示など
できたりするかもしれませんね。
 
New York Timesによると、今年後半の販売開始を目指しているそうです。

 

 

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す