iOS6で消えたGoogleMapを擬似アプリ化しこれまでのように通り使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 
プリインストールされていたGoogleMapアプリはiOS6から消え、
代わりとしてAppleが自前で用意したMapアプリになります。
 
日本地図においては、データ量、質ともに劣ってることもあり
不満の声も見かけます。
 
GoogleがGoogleMapのiPhone用アプリを提供してくればいいのですが
その前に見慣れた、GoogleMapを使えるようにできないもかを考えていたところ。
GoogleMapを擬似アプリ化する方法にであいましたので紹介いたします。
 
 

1 SafariからGoogleMapにアクセス


 
 

2 共有ボタンを押し、ホーム画面に追加を選択


 
 

3 名前を編集し、追加を押す


 
 

ホーム画面にGoogleMapのアイコンが表示されます。


 
 
ホーム画面にGoogleMapを追加しておく事によって
今まで通りのGoogleMapが使用できます。
 
 

GPSによる現在地情報の取得

「位置情報サービスはオンにしましょう。」
設定→位置情報サービス→Safariオン
GPSによる現在地情報の取得が可能になります。
 
 
参考記事:iOS6で消えてなくなるGoogleMapを今まで通り使う方法
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す