無線LANの規格a,b,g,nってどんな違いがあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


 

家庭で数名で無線LANを使用するとき無線LANルーターは
パソコンやタブレットやスマホをインターネットに
接続するためにいまや必須のガジェットですよね。
 
無線LANの規格a,b,g,nってありますが。
違いをご存知ですか?
 

無線LANの規格a,b,g,nの違いについて

規格 伝送速度 周波数帯 距離
a 54Mbps 5.15~5.35GHz C
b 11/22Mbps 2.4~2.5GHz B
g 54Mbps 2.4~2.5GHz D
n 300Mbps 2.4~2.5GHz/5.15~5.35GHz、同時使用可

 
a/b/g/n ・・・規格の名前
速度 ・・・理論値で有り実測では無く、計算上このくらい
周波数 ・・・電波の周波数
距離 ・・・電波がどこまで遠くまで届くか (Aが一番良い)
 
nが速度300Mbps(理論値)なので最速のスピードということになります。

これから無線LAN機器を揃えるのであれば、
断然、nがオススメです。
 
 

ちなみに「無線LAN」と「Wi-Fi」ってどう違うのか?
っておもいませんか?
 
 

「無線LAN」と「Wi-Fi」ってどう違う?

無線LANは広くケーブルレスでインターネットに接続することを指し
Wi-Fiは無線LANを利用したインターネット接続のブランド名を指す。
業界団体Wi-Fi Allianceに認定されていない無線LANスポットは「Wi-Fiブランド」を名乗ることはできない。
そういうことらしいです。
参考:「Wi-Fi」と「無線LAN」の違い
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す