LideoとKobo GloとKindle Paperwhiteを比較してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 
BookLive電子書籍端末「Lideo(リディオ)」が発売されました。
UQ WiMAXの通信機能を内蔵しており
ユーザーは回線契約や通信料金の支払い不要で電子書籍ストア「BookLive!」に接続し
約9万5000冊の電子書籍を購入・利用できるのが特徴です。
 
 
 
Lideoは6インチの端末であり、
Kobo GloやKindle Paperwhiteと
類似するため、スペックを比較してみました。
 

LideoとKobo GloとKindle Paperwhiteを比較

項目 Lideo Kobo Glo Kindle Paperwhite
ディスプレイ 6インチ
(モノクロ電子ペーパー)
6インチ
E-Ink フロントライト
6インチ
Paperwhite フロントライト
解像度 600×800
16階調グレースケール
1024 x 758
16階調グレースケール
212ppi
対応フォーマット .book、XMDF、EPUB
(BookLive販売のみ)
EPUB、 PDF(kobo販売のみ) Kindle(AZW3)、TXT、PDF、 保護されていないMOBI、PRCに対応。
Wi-Fi(無線LAN) WiMAX、無線LAN
IEEE802.11b/g/n準拠
802.11b/g/n(WEP/WPA/WPA2) 802.11b、802.11g、または802.11n
幅×高さ×奥行 110x165x9.4mm 114x157x10mm 169x117x9.1mm
重量 170g 185g 213g
内蔵メモリー容量/ 使用可能領域 4GB/3GB 約2GB/約1GB 2GB/1.25GB
メモリ拡張 なし microSD(最大2GB) microSDHC(最大32GB) なし
価格 8480円 7980円 7980円/12980円(3g)

 
Lideoは内臓容量がKobo GloやKindle Paperwhiteに比べ多いですね。
そして、170g!軽いですね。
 
LideoはあくまでもBookLive!サービスの専用端末なので
利用できるのはBookLive!で配信している電子書籍タイトルのみ。
自炊したファイルなどを読み込むための外部メモリスロットやUSBポートは搭載していない。
 
個人的には
自炊したファイルもあるので、それらがを読める
Kobo GloやKindle Paperwhiteがいいかなと思ってしまいますが
Bookliveヘビーユーザーには相性のいい端末ではないかとおもいます。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す