エネルギー革命!風車のない風力発電システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

130411windmills
オランダのデルフト工科大学が開発したのは発電システム
それは、風車のない風力発電システム。
風力発電の課題であった
騒音問題や空飛ぶ鳥たちへの影響を抑えることができる画期的なソリューションとして注目されます。
 
羽根がなく動く部品もない風力発電システム「Ewicon」。
荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電する。
 
風力タービンの大半は、風のもつ運動エネルギーを羽根を回す
機械的エネルギーに変え、その羽根の回転で電気エネルギーを生み出すことで発電する。
 
001
これに対してオランダのデルフト工科大学で開発されている「Ewicon」は、
風力エネルギーから直接電気エネルギーを生み出すことができる。
Ewiconとは静電風力エネルギー変換器(Electrostatic WInd Energy CONverter)の略。
 

Ewiconとは静電風力エネルギー変換では
荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電が可能になる。
装置は絶縁管が約40列並ぶ、巨大なテニスラケットのような鉄のフレームで構成されている。
それぞれの管には複数の電極とノズルがあり、ここから、プラスに帯電した水を空気中に放つ。
このプロセスは「エレクトロ・スプレー」と名付けられている。

プラスに帯電した粒子は普通なら陰極に向けて移動する。
しかし、風によって陰極から離れる方向へと粒子を押させるならば、
ちょうど重力に抗して岩を山の上まで押すのと似たかたちで、
電気的な位置エネルギーが増加する。
こうして増加したエネルギーを集める。
このシステムで生み出されるエネルギーの量は、荷電粒子を噴霧するコーンの数と風の流量に左右される。

 
この風力発電ではプロペラの代わりに
EWICON(静電風力エネルギー変換)というシステムを用いており、
荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることにより発電される仕組みだそうです。
現状では小さいエネルギーしか発電できないため、
今後は発電効率を高めていくため開発を続けていくとのこと。
 
 

 
 

参考ページ

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す