世界よ!これが日本の技術だ!富士通研究所の次世代ユーザーインターフェースが笑えるほど凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

aa

 
富士通研究所は、紙や本など実世界にあるものを指で
直接選択するだけでデータのやり取りを可能にするシステムを開発しました。
まずは動画をみてください。
ビックリします。
 

 

富士通研究所が開発に成功した、次世代ユーザーインターフェース。
書類などをタッチパネルに変えてしまう技術です。
 
この装置は、特別なハードウェアは一切使っておらず、
通常のウェブカメラ相当のものと市販のプロジェクターのみで構成して、
画像処理の技術を使ってこの機能を実現しています。
 
この技術を用いることで、書類を指でなぞって
必要な箇所を電子データとして取り込むことができます。
すごいですよね。
 

動画内での説明

操作対象となる実世界の物体の形状を計測し、
カメラとプロジェクターと実世界の3つの座標系を
自動で調整する技術により、テーブルや紙など平坦な面だけでなく、
厚みのある本などの歪んだ面であってもタッチと表示を正確に合わせることが可能です。
 
“今までの手の動きを使ったジェスチャー操作は、
ジェスチャーでパソコンやいろいろな機器を
操作するといったものが多かったと思いますが、
こちらはパソコンの操作をするものではなくて、
直接実際のものに触って、
その物とICTの機器を融合させようというインターフェースになっています。”
“通常のテーブルの上でのアナログ的な操作の時には
反応しないようにしています。1本指を出すと操作が可能になります。
ということで、アナログの作業とデジタル機器への
操作を融合させるようなインターフェースになっています。”
 
正確なタッチの検出には指先の高さを正確に検出する必要があります。
特に今回使っているカメラ(320×180)では、指先の検出が1画素ずれるだけで、
高さが1cm変化してしまうため、精度の高い指先認識技術が必要です。
 
“低解像度のWebカメラを使っていて画像が粗いんですが、
それを画像処理で補間することで高精度な3次元位置を計算しています。”

また、周囲の環境光に応じた色や明るさの制御と手の色の
個人差を補正する技術により、環境や個人差の影響の少ない安定した手指の抽出を実現しています。
 
さらにタッチを用いない空間でのジェスチャー操作も可能です。
このデモでは、握った状態の手を動かすと3次元CADデータの視点を操作できます。
このような既存のジェスチャー操作と今回のタッチ操作を組み合わせたようなアプリケーションも考えられます。
 
“例えば旅行会社のカウンターであったり、
役所などで申請書を書くような場所で
詳しい情報を表示したりといった用途があるかなと思います。
 

http://jp.diginfo.tv/v/13-0025-r-jp.php

 

富士通は2014年度の製品化を目指してるということですが
一般的に使われるようになるのはいつでしょうか?
 
「個人の利用の範囲を超え著作権違反の恐れがある。」
そういうこと言われそうな使い方は容易に想像できますね。
でも、そういう理由で
こういう技術をが普及できなかったり、
制限が加えられたり、しないでもらいたいものです。
 
大幅に短縮されるであろう作業や
この技術があるからこそ実現できてくることが
あるとおもいます。
イノベーションに期待したい。
 
 

参考ページ

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す