3キャリアのAQUOS PHONEを比較してみた。 ドコモのZETA SH-06E、auのSERIE SHL22、ソフトバンクの Xx 206SH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2013年夏モデルとして発売のスマートフォン
シャープのAQUOS PHONEは3キャリアから発売されます。

 

AQUOS PHONE ZETA SH-06E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
Docomo
 
 

AQUOS PHONE SERIE SHL22
AQUOS PHONE SERIE SHL22
Au
 
 
AQUOS PHONE Xx 206SH
AQUOS PHONE Xx 206SH
softbank
 

シャープの同時期に発売されるAQUOS PHONEはそれぞれどのように違うのか
5月27日に公開されているスペックのデータで比較してみました。
 

AQUOS PHONE ドコモのZETA SH-06E、auのSERIE SHL22、ソフトバンクの Xx 206SHを比較してみた。

キャリア Docomo KDDI softbank
端末名 AQUOS PHONE ZETA SH-06E AQUOS PHONE SERIE SHL22 AQUOS PHONE Xx 206SH
OS Android 4.2(Jelly Bean) Android 4.2(Jelly Bean) Android 4.2(Jelly Bean)
サイズ 138mm×70mm×9.9mm 142mm×70mm×9.9mm、
重量 157g 155g
インチ 4.8 4.9 5
解像度 1,920×1,080ピクセル(Full HD) 1,280×720ピクセル(HD 1,920×1,080(フルHD)
ディスプレイ IGZO、1,677万色 IGZO、1,677万色 S-CGシリコン液晶、1,677万色
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 600
APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア)
Qualcomm Snapdragon 600
APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア)
Qualcomm Snapdragon
APQ8064 1.7GHz(クアッドコア)
GPU Adreno 320 Adreno 320 Adreno 320
メモリ RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/
microSDXC(最大64GB)
microSD/microSDHC/
Micro SDHX(最大64GB)
※カードスロットは非搭載。
専用アダプタが必要
microSD/microSDHC/
microSDXC(最大容量は64GB)
リアカメラ 1,310万画素、裏面照射型CMOS、
AF対応、F1.9レンズ、光学手ブレ補正、
LEDフラッシュ、1080p
Full HD動画撮影対応
約1,310万画素、裏面照射型CMOS、
F1.9レンズ、光学手ブレ補正、
1080pフルHD動画撮影対応
1,310万画素裏面照射型CMOS、
F1.9レンズ、AF、光学手ブレ補正、
フラッシュ付き、1080p
フルHD動画撮影対応
フロントカメラ 210万画素、裏面照射型CMOS 207万画素CMOS 207万画素CMOS
通信機能 Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応)
Bluetooth v4.0、
NFC(Type-A/B、FeliCa)
Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP)、
赤外線(IrDA)
Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0
、DLNA(DTCP-IP)、MHL(HDMI出力機能)
Wi-Fi a/b/g/n/ac、
Bluetooth v4.0
DLNA(DTCP-IP対応)、
FeliCa、NFC、赤外線通信
外部端子類 3.5mmオーディオジャック
micro USB(MHL)
3.5mmオーディオジャック
マイクロUSB(MHL対応)
センサー類 加速度、ライト、
デジタルコンパス、近接、
ジャイロ、GPS/A-GPS、GLONASS
加速度、ライト、近接、
デジタルコンパス、ジャイロ、
GPS/A-GPS対応
バッテリー 2,600mAh 3,080mAh 3,080mAh
待受時間 530時間(WCDMA)、
460時間(LTE)、
460(GSM)
通話時間 750分(WCDMA)、
810分(GSM)
フルセグ
ワンセグ
おサイフケータイ
赤外線通信
防水
テザリング ○(Wi-Fiは最大10台) ○(Wi-Fiは最大8台)

 
 

省エネのAQUOS PHONE

公開されていないデータもありますが
ドコモの「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」、
AUの「AQUOS PHONE SERIE SHL22」はIGZOを搭載し
省エネをうたっていますが
ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 206SH」はIGZOではありません。
発売時期によるところも大きいことだとおもいますが、
AQUOS PHONEは省エネで全てに、IGZO搭載であたったら、
少エネスマホはAQUOSというイメージがもてたのに、
最初に気になったところでした。
 
ただし、ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 206SH」はフルセグが見れます。
ワンセグとは違い画質がとても綺麗にみれます。
 
シャープはたくさん種類の端末を作れるメーカーであることは間違いありません。
キャリア主導でスマホが開発されているのかもしれませんが、
それぞれのキャリアのニーズにすぐさま応えられるという技術力は
シャープというメーカから発売されるAQUOS PHONEというブランドが
それぞれの個性がありすぎて統一イメージにつながっておらず、もったない気がします。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. disqus_6BLVrl3GzW より:

    SHL22にはmicroSDカードスロットあるとおもうんが。

コメントを残す