APPLE iPhoneなどのバッテリー切れ問題を改善した「iOS 5.0.1」公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AppleはiPhoneなどのバッテリーが切れやすい問題を改善したOS「iOS 5.0.1」を公開した。
すでに自動更新の案内を始めている。
iPhoneなどのバッテリー問題については
2011年10月に新OS「iOS 5」を公開した直後から報告があり
フル充電しても1日もたず、最小限の利用でも数時間で再び充電が必要な状態になったという。
AppleはOSの更新でこの問題に対処するとしていた。

今回、懸案だったバッテリーの稼働時間に関する問題を修正したほかに下記のことにも対応した。

  • タブレット端末「iPad」の第1世代にマルチタスキングジェスチャーを追加
  • 「iCloud」を介したデータ共有機能「Documents in the Cloud」に関する問題を修正
  • 個人情報を暴露しようとする悪意あるWebサイトや、危険なプログラムを実行させようとする悪意あるフォントなどセキュリティ問題にも対処

OSの更新対象となる機種
iPhone 4S/4/3GS
iPad 2/iPad
携帯メディアプレーヤー「iPod touch」の第3、第4世代。

アップデート「iTunes」を入れたパソコンと有線で接続するか、
iOS 5を搭載していれば単体でも無線通信による更新が行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す