ねじる、曲げるで操作するノキアの実験端末のキネティック・デバイスが面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィンランドの携帯電話メーカー「ノキア」が、
キネティック・デバイス(the Nokia Kinetic Device)と呼ばれる
今までにない携帯端末のコンセプトを発表した。

これは従来のスマートフォンで可能な「触る」、「振る」という挙動に加え
ねじる」、「曲げる」という動作を通して操作を実現する。

 

ねじる、曲げるというのは、新しいく形が長方形でないというところも
斬新ですね。

新しいテクノロジーのアイデアとして作られたデバイスなので。
おそらく、今後、いろいろと改良がされていくことでしょう。

個人的には
デバイスを操作ではなく
デバイスから映されたホログラムを操作する
なんてことができたら、もっと未来を感じます。

参照元:Pocket-lint

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. hirose yasuhiko より:

    映像を見る限りでは、ただ斬新さを求めただけのプロダクトに思える。
    おそらくコンセプトを主導したのはエンジニアサイドだろう。
    現場では涙ぐましい努力がなされているのだから、プロモートサイドはもっと知恵を絞らなければならない。
    トレンドや世情に負けて、プロダクトの良さを殺してしまっている。

    例えばこの製品を、四肢欠損や半身不随を患った身体障害者でも使えるよう、仕様変更を可能にすれば、製品の価値は飛躍的に上がる。
    他にも片手が使えないシチュエーション、ドライビングやドローイングシーンに活用できるような、アプリケーションを搭載する手もある。
    技術を活かすも殺すも、最初の一歩はデザイナの脳みそ次第だということ。

コメントを残す