メタボ、高血圧の方へ!挿すだけで料理の塩分濃度を測定ハンディ塩分計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

salttst901

塩分を過剰に摂取すると、高血圧症や生活習慣病などの病気になる恐れがあると言われています。
一日に必要な塩分量は10g程度と言われています。
外食する方は、一回の食事の塩分量なんてわかりませんよね。
 
 
salttst902
ハンディ塩分計は、誰でもカンタンに塩分を測定できます。
本体にある「電源・測定ボタン」を押しながら、料理の汁(液体)に挿すだけ!
味噌汁をはじめ、うどん・おでん・ラーメンの汁やカレーだって測定可能です。
 
本製品は60℃~ 80℃の料理の汁(液体)の測定が可能。
測定温度外の冷たい液体や固形物などは測定できません。
 
 
salttst903
ハンディ塩分計は、測定したい液体に本体先端のセンサー部分を入れるだけで測定できます。
しかも、挿した瞬間に測定した数値をLEDで表示!わずか0.01秒!

測定した塩分濃度は%で表示されます。例えば、100gの汁を測定して1%の結果が出た場合には、
100(g)×0.01=1gとなり、1gの塩分を摂取したことになります。
 
 

ハンディ塩分計
価格 1980円→ 1960円(税込)
 
ランチにこの塩分計を客として利用するのは
ひんしゅくを得ることがあるとおもいますが
お店の方が、料理の塩分をきを使っていることを打ち出すために
この塩分計をつかってデータを提供してくれたら
うれしいですね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す