iPhone 5sやiPhone5cの保護ケースを選ぶときに理解しておいたほうがいいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

00

 
iPhone 5sやiPhone 5cを使い始めた方もいらっしゃるようですが
iPhone 5sやiPhone 5cは表面はほぼiPhone 5と同じなので
保護シートはiPhone 5用のものを使うことができます。
 
iPhone 5には既に多種多様な保護シートがありますので
用途にあったものをみつけることができます。
 
しかしながら、保護ケースは若干注意が必要です。
 

iPhone 5s ケースの選ぶ際の注意

iPhone 5sは、基本的にはiPhone 5と同じ保護ケースを使うことができます。
しかしながら、注意しないといけない点が2つあります。
 
1.ケース背面についているカメラ穴
001
iPhone 5ではフラッシュが1つですが、iPhone 5sではフラッシュが縦に2つあります。
基本このあたりは大丈夫な場合がおおいですが
 
2.ホームボタンを覆うってしまっている保護ケース
002
iPhone 5sとiPhone 5の外観で大きな機能の違いとして
ホームボタンに「指紋センサー」が搭載されていることがあります。
ホームボタンを覆うような保護ケースをしようししまうと
指紋センサーの機能が使えなくなります。
 
 

iPhone 5c ケースの選ぶ際の注意

iPhone 5cは専用ケースじゃないと使えません。
専用といてもAppleが販売しているケースではなく
iPhone 5c用につくられたケースであれば問題ないです。
iPhone 5cと iPhone 5では背面の形が変わっているので
iPhone 5のケースを使うことができません。
 
 
iPhone 5sやiPhone5cの保護ケースを選ぶ際の参考にしてみてください。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す