ultrabook(ウルトラブック)とノートパソコンとは何が違うのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、よく雑誌などで薄型のノートパソコンがピックアップされ
ultrabook(ウルトラブック)と呼称されていますが

ultrabook(ウルトラブック)ってなんなのでしょうか?

何がウルトラになったんだろうか?
これまでの、ノートパソコンと何が違うのだろうか?

気になるところではないでしょうか?

 

ultrabook(ウルトラブック)とは

ウルトラブックとは、半導体メーカーの米インテルが推進している、ノートパソコンの新コンセプトです

ウルトラブックと呼ぶために必要な3つの条件

当初、インテルはウルトラブックの条件として次の3つを掲げました。

  1. CPUに第2世代のCore iシリーズを採用すること。
  2. 本体の厚さを2cm以下にすること。
  3. 価格を1000米ドル以下に抑えること。

ウルトラブックは、薄く本体と高い処理能力を持つCPUを搭載したお手ごろな価格のノートパソコンということです。

インテルでは、Ultrabookを「現在のノートブック PC とタブレット機器の性能や機能を兼ね備え、薄型軽量で洗練されたデザインでありながら、極めて高い応答性とセキュリティー機能を実現」するノートパソコンであるとしています。

現在では13.3型ワイドの液晶ディスプレーを搭載するウルトラブックは
本体の厚さを1.8cm下にするといったさらに細かい条件が設定されているそうです。

WEBサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す