NTTドコモ、2014年夏から高音質通話「VoLTE」開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

83196_1400_4205ac918fb6154a4c9ac2fd0d5eda32

 

日経新聞によると
NTTドコモが高音質な通話サービス「VoLTE(ボルテ)」を2014年夏にも開始する方針であると報じています。
1月31日NTTドコモが行った決算発表会の後のインタビューで、加藤薫社長が明らかにしたものだそうです。
 
VoLTE(ボルテ)導入で、通話が現行の3G回線網や一般のIP電話と比べて高音質になるとしています。
通話料金低下も期待できます。

ドコモ、LTEで高品質IP音声通話 定額制も検討
 
 

VoLTE

VoLTEは、普及中の新世代回線網「LTE」を利用した新しい通話サービス。
IP電話と同様で、ネットワークを介し、音声をデジタル化して送受信を行う。

通話品質の向上

VoLTEでは、高速・低遅延なLTE網を経由するため、安定・低遅延な通話の実現ができるとされています。

電波の効率的な使用

VoLTEは、既存の3G通話でみられるような回線交換を行わないため、通話時に回線を占有せず、効率的に電波を運用することが可能です。また、VoLTEが全国に普及すれば3G回線が不要になるため、3Gを順次廃止、LTE(4G)以上の回線網に統一することが可能になります。

通話に付加価値

VoLTEはパケット通信を介したIP電話であるため、データ通信を用いて様々な付加価値を付けることが可能です。音域を広げ、より音質を高める「HD voice」のほか、「会議通話」や「着信転送」といったサービスを簡単に付けることができます。他にも、様々な応用ができる可能性があります。

参考:
NTTドコモ、今夏にも高音質通話「VoLTE」開始へ

 
 
スマホの普及に伴い、LINEやSkypeなど
アプリ通話などIP電話が一般化し、
iOS 7で標準搭載された「FaceTimeオーディオ」により、
iPhone間の無料・高音質通話が可能となっています。

このことより、携帯電話キャリアの音声通話による収入が減少しているそうですので、
すでに、無料通話が可能となってきているので、
設定価格しだいとなるのではないでしょうか?
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す