So-net、プリペイドSIMカードを空港の自販機で販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

image001

 
ソネット株式会社はプリペイド方式のSIMカード「Prepaid LTE SIM」を
4月22日から販売します。
NTTドコモの回線を借り受ける形のMVNO方式で提供されるため、
NTTドコモのXi・FOMAエリアで利用できます。
下り最大150Mbpsと高速です。
しかしながら、ここまでは他のMVNOとほぼ同じです。
 
Prepaid LTE SIMは、100MB・500MBの通信量プランを用意。
サイズは標準SIM・MicroSIM・nanoSIMの3種類が用意され、
「2タイプ×3種類」の計6種類がラインナップされてます。
 

通信量 価格 期間
100MB 3,000円(税込み) 30日
500MB 5,000円(税込み) 60日

 
アクティベーションした後からのカウント。
利用者はWEB上で「残容量」を確認することができ
チャージも可能。チャージにはクレジットカードが必須
 

チャージ 価格 期間
200MB 1,5000円(税込み) 30日
500MB 2,000円(税込み) 60日
1GB 2,838円(税込み) 60日

 

利用開始方法は、SIMカードを端末に挿入してAPNを設定。
その後、ウェブからアクティベーションする。
 
金額は若干高いきがしますが。
Sonetのすごいところは
国内初の取り組みとして関西国際空港における
SIMカードの自動販売機を設置するところでしょう。
 
日本円のみの取り扱いに制限されてしまいますが。
SIM自販機は海外では広く一般的に広がっておりますので。
なんで日本でないんだという状況がなくなりました。
 
設置場所は国際線到着階1Fの南・北に設置されており
それぞれのInternet&Telephoneコーナーの2ヶ所。
外国人旅行者向けの電話サポートも行っており、
平日10時~17時の間には日本語・英語の2言語に対応。
サービスサイトでは日本語・英語・中国語(簡体・繁体)、
マニュアルは左記に加えて韓国語・タイ語をサポート。
 
訪日外国人に向けたSIMカードは
なんといっても日本通信の訪日外国人向けのプリペイドSIMカードが
これまでは圧倒的だとおもっていました。
Sonetに比べると
アクティベーションの必要もなく、
通信量の面からもよりはるか安いです。
 
しかしながら、物理的に自販機というサービスに
乗り切ったことがはすごいと思います。
 
民間企業は訪日外国人向けにネット接続ができないという
部分を解消するためにこのようなSIM提供でカバーしていく取り組みが
今後もすすんでいくとおもいます。
 
SIMにかぎらずWifiやらも
もはや形骸化しているのかもしれませんが。
技適マークの問題はあります。
技適マークなくてもローミングはOK、でもその他の通信はダメという
今の状態を国も把握しているでしょうし。
なんとか見直さないのもでしょうか?
 
 

Twitterでの反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す