Docomoの夏モデル6機種は国内初の「VoLTE」による通話サービスに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

0000

 
LTE回線を使い、高音質で安定した通話を行なえる“VoLTE(ボルテ)”が
6月下旬に開始されます。
通話中でもLTEが使えるようになるので、
話ながらブラウザーで検索などもサクサク行えます。
 
VolteはドコモのLTEサービス「XiTM」のネットワーク上で、
高音質で安定した通話ができるようになり、
音声通話に加え、ビデオコール(テレビ電話)や
高速マルチアクセス、通話中のエリアメール受信などが
全国のXiエリアで利用できます。
 
Volteに対応する端末はサービス開始当初は6機種

  • GALAXY S5 SC-04F
  • AQUOS ZETA SH-04F
  • Xperia Z2 SO-03F
  • ARROWS NX F-05F
  • AQUOS PAD SH-06F(タブレット)
  • Xperia Z2 Tablet(タブレット)

2014夏モデルのスマートフォン4機種、
タブレット2機種が対応しています。
 

VoLTEの大きなメリット

「通話品質の向上」
ドコモが現在提供している3Gによる通話では300hz〜3.4kHzの音声周波数にしか対応していませんが、
VoLTEに変わることにより50Hz〜7kHzの音声を拾うことができるようになり通話品質が向上します。
 

「素早い発着信」
これまでの携帯電話では相手にかけると通話が可能になるまで約6秒〜8秒ぐらい待っていたのですが
VoLTEの導入により待ち時間が約3秒にまで短縮されるそうです。
 
 

VoLTEに移行がすすめば3Gを縮小し、その分を
効率的なLTE, LTE-Advancedに使えるようになるのだと思えますが。
今回の新機種には、FOMAガラケー3機種発表がありました。
snap2310_m
 
ガラケーを望む人が多いこともあるので、それに対応するべく
FOMAの新機種を出していくのだと思いますが。
2年縛りとかあるのでしょうから。
 
今回のガラケーはテザリングにも対応しているそうですが
LTEはもちろんVoLTEには対応していません。
ガラケー希望するユーザーは機種変更する場合などは
これらの携帯にするのでしょうから。
今後のことも踏まて、Volteにも対応したガラケーにすれば、
よかったのではないかなあとおもえます。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す