docomoの2014年夏モデルソニーモバイルの「Xperia Z2 SO-03F」はすごい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Xperia Z2 SO-03F

 

Xperia Z2 SO-03Fが5月21日から発売されます。
Xperia Z2 SO-03Fは以前から話題となっていたグローバル版と同じく
あのすごい4K画質での動画撮影ノイズキャンセリング対応といった特徴があります。
 
auの「Xperia ZL2」と似ていますが、
「Xperia Z2」Xperia Z2は5.2インチで
Xperia ZL2が5インチと大きさがことなります。
 
国内向けの仕様というかDocomo仕様として、
ワンセグ/フルセグ/NOTTVやおサイフケータイなどに対応している。
ドコモの「docomo LIVE UX」などのアプリを内蔵してます。
 
docomoの2014年夏モデルとしては
国内初の「VoLTE」による音声通話サービスに対応しており
電池残量15%の状態から約3日間
待受状態を維持できる非常用節電機能などを搭載しています。
 

Xperia Z2 SO-03Fのすごいところ!

「スマートフォンでは世界初」デジタルノイズキャンセリング機能を搭載

デジタルノイズキャンセリング機能が搭載されています。
別売となってしまうのが残念ですが
専用イヤホンを購入すると周囲の雑音を98%カットできるようなります。

専用イヤホンにはマイクが搭載され
周囲の音を拾い、逆位相の音をぶつけることでノイズを打ち消す仕組みです。
ノイズキャンセル処理自体は「Xperia Z2」本体で行われます。

Xperia Z2に合わせてノイズキャンセリング対応ヘッドセットが
発売されるほか、同機能に対応しているWalkman用のイヤホンなども利用できようです。

こだわりが効いてますね。
 
 

カメラが凄い

約2070万画素カメラで4K(フルHDの4倍の解像度となる4Kサイズ)動画、
スローモーション撮影がおこなえます。
20fpsで動画撮影後、好みの場面だけスローモーションにできる「タイムシフトビデオ」
静止画に加えて動画での合成も可能になった「ARエフェクト」もサポートしている。
 
写真ではBackground Defocus 機能搭載(背景をぼかすことができる)や
約2070万画素で1/2.3型イメージセンサーの「Exmor RS for mobile」
画像処理エンジンの「BIONZ for mobile」、
暗がりでも明るく撮れるレンズ「Gレンズ」となっており
ソニーの技術を結集したカメラ機能がすごいですね。
 
端末は「MHL3.0」に対応しており、
HDMIケーブルでテレビに接続して、
4Kサイズの動画を出力することが可能となっています。
 

Xperia Z2 SO-03F主な仕様

ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約73.3×146.8×8.2mm
重量 約163g
CPU Snapdragon 801 2.3GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 3GB
OS Android 4.4
バッテリー容量 3200mAh
防水/防塵 ○/○
カラー Black、White、Purple

 

個人的にはdocomo用にカスタマイズされた機能ではなくとも
グローバル版で技適マークのついたSIMフリーのXperia Z2が
あるといいなあって思えたりもします。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す