人の感情がわかるロボット「Pepper(ペッパー)」ソフトバンクが発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

POTD-robot_2931692b

 
ソフトバンクの孫正義社長は6月5日、記者会見を行いました。
何が発表されるのかとおもいましたが、
人工知能を搭載した人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を公開されました。
 
Pepperはソフトバンクと、グループ企業であるフランスのヒト型ロボットメーカーALDEBARAN Robotics SASが共同開発したパーソナルロボット。感情認識機能が最大の特徴です
2015年2月から、19万8000万円で一般販売されます。
 

 

Pepperには人の感情を認識する「感情エンジン」という高度な人工知能(AI)が搭載され
人の笑顔や反応を記録して分析することで、
どのような行動を取れば良いかを自立学習考えて行動できるようになっているそうです。
 
すごいなあとおもったところは
Pepperは1台だけで自律学習を行うわけではなく、
インターネット上の「クラウドAI」に接続することで、
他のペッパーが記録した情報も取り入れ学習を加速していけるということ。
膨大なデータを蓄積出来て、一瞬で共有され、学習されていくことができます。
 

Twitterの反応

コミュニケーションが図れるという段階ですが
TVのリモコン代わりも行えたり、部屋の電気をつけたり消したり
もできたりは連動させるのはわけないのではないかとおもいます。

近い将来、家事までおなえる学習型ロボットが
発売されてくるのではないかとおもいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す