除湿機の選び方「コンプレッサー式」と「デシカント式」はどうちがうのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SONY DSC

 
湿度の多い季節になりました。
部屋に除湿機があると活躍してくれますね。
除湿機は毎年いろいろ改良された機器や新製品が
発売されますが。
 
どれを選んでいいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。
部屋の広さそれから「コンプレッサー式」と「デシカント式」という
2つの大きな方式に違いを理解して
自分の都合にあった製品を選ぶことをおすすめします。
 

除湿機の選び方「コンプレッサー式」とは

空気を冷やすことにより水分を取り除く方法。
コンプレッサーを通して冷媒(フロンガス)を循環させ、
冷却器で湿った空気を冷やして湿気を水滴に変えます。
エアコンの除湿と同じ方法です。

コンプレッサー式 長所

  • 高温時(25度以上)での除湿力が大きいので梅雨~夏場に向く
  • 除湿量が多いので湿気の多い季節でもパワフルに乾燥できる
  • 消費電力が小さい(デシカント方式の半分位)
  • 室温上昇が少ない(1~2℃程度)

コンプレッサー式 短所

  • コンプレッサーがあるため、振動音が大きい。
  • 本体サイズが大きめでやや重い。

 
コンプレッサー式 除湿機 人気一覧
 
 

除湿機の選び方「デシカント(ゼオライト)方式」とは

水分の吸着性能に優れたゼオライト(乾燥剤)で水分を取り除く方式
冷媒(フロン)を使わずに除湿可能。
ゼオライトに水分を吸着させ乾いた空気を吹き出します。
吸着した水分は、ヒーターであたためられ熱交換器内を通り、
冷やされて水滴に戻りタンクにたまります。

デシカント(ゼオライト)方式 長所

  • 低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができる。
  • 除湿能力としては1年を通して使える
  • コンプレッサーが無いので軽量コンパクトで静か。

デシカント(ゼオライト)方式 短所

  • ヒーターを使う分消費電力が大きくなる。
  • 発熱量が多くなり部屋の温度が上がる。(室温上昇は3~8℃程度)

 
デシカント式 除湿機 人気一覧
 
 

【節電】 除湿冷房機を自作!扇風機とペットボトルで涼しく除湿も!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す