DeNAが東京五輪までに「ロボットタクシー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

dna
こちらのニュースによると

東京 28日 ロイター] – ディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T: 株価, ニュース, レポート)は28日に開いた自動車関連事業の説明会で、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに自動運転技術を活用した「ロボットタクシー」の実用化を目指す方針を明らかにした。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OD0SW20150528

 
 
以前、「“失敗したら死ぬ”覚悟で自動車事業に参入します」という言葉あったように
今回も2020年と近い将来に自動運転技術を活用するといっているところに。
DeNAの無理だろうと思えるとこに挑戦する表れにもとれ
熱意が感じられるニュースに感じました。
 
今から想像するとまだまだ先と思うことかもしれませんが
きっと、これから20年後には、人が運転するよりも安全になり
タクシーだけでなく、運送など長距離ドライブはロボットが行い
人も一部作業を保管するというようなことになっているのではないかと思います。
 
個人的には、
車は所有するものではなく、利用している時間帯をシェアするサービスに
かわっていくようなきがしています。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す