一人暮らしにオススメ!湯沸かしなら電気ケトルが経済的で衛生的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

61fagM84rhL._AA1500_
電気ケトルは電気式やかんです。
メリットとデメリットはに関しては以前の記事
電気ケトルと電気式ポットの違いに記載しております。

電気ケトルは少量の水を効率よく温め
水の使いきり使用を前提としているため
一人暮らしの方にはあると便利なキッチン家電であるとおもいます。

電気ポットは温めたお水を保温してくれていますが、
一人ぐらしで、朝から温めてある水を、夜まで利用するくらいなら
いいですが、なかなか電気ポットの容量を使い切るほどの熱湯やお湯を
必要とする一人暮らしの方はすくないとおもいます。

必要な分だけすぐに水を暖められる電気ケトルが
最適ではないかと思います。

一人暮らしにオススメな湯沸かし電気ケトル。
利便性だけでなく
沸いたら自動でスイッチが切れる「自動電源オフ機能」
空だき防止機能がついてて品質のよいものをまとめてみました。

 
 

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル


¥ 3,445から
カップ1杯分のお湯(140ml)がわずか約50秒で作れます。
満水の0.8Lでも約4分10秒で沸かせることができる。
電気代はカップ1杯(約140ml)で約0.6円。
今、とても人気の電気ケトルです。
アマゾンで詳細をみる
楽天で詳細をみる
 
 
 

DRETEC (ドリテック) 電気ケトル ラミン


\1100から
本体重量わずか約515g
軽量のため注ぎやすく、部屋間の持ち運びもラクラク。
沸かし立てを使う方が経済的です。
コーヒー1杯分が約0.6円
アマゾンで詳細を見る
楽天で詳細をみる
 
 
 

ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス」 シンプルモデル


¥ 3,809 から
従来モデル(ティファール社ジャスティンシリーズ)より約30%広くなり、水入れやお手入れがラクラクです。
カップ1杯分のお湯(140ml)がわずか約60秒
電気代はカップ1杯(約140ml)で約0.6円
沸いたら自動でスイッチが切れる「自動電源オフ機能」付き
アマゾンで詳細をみる
楽天で詳細をみる
 
 
 

象印 電気ケトル 800ml 1時間90℃保温機能つき


¥ 6,617 から
沸とう後も1時間、約90℃をキープ
朝:食事の時間がバラバラな家族でもあったかキープ
昼:2杯目のお茶や、コーヒースープがアツアツで飲める
保温しないはずのケトルが保温機能を備えた
ケトルを超えたケトルです。
アマゾンで詳細をみる
楽天で詳細をみる
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。