メンテナンスのしやすい超音波加湿器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


空気が乾燥し部屋に加湿器が必要だと感じる時期ですね。

部屋の湿度を上げるとと
インフルエンザのウィルスを抑制するというとも言われており
風邪やインフルエンザに注意したい場合は湿度に気をつけたいと思うばかりです。
インフルエンザウイルスと湿度、温度の関係

湿度を上げるためにはやっぱり加湿器が便利ですが、
種類やデザインも様々で何を買おうか迷うことが多いと思います。

加湿器には気化式、スチーム式、超音波式、ハイブリッド式など
種類があります。
コストやランニングの必要な電気代を考えると超音波加湿器が
もっとも効率がいい製品と言えるのではないかと個人的には考えています。

超音波加湿器のメリット

超音波加湿器のメリットは
電気代があまりかからず1時間つかっても1円かからないなど、
ランニングコストを抑えらるます。
加湿器の電気代
それから、種類も豊富でオシャレなものがたくさんあり、
安く購入できるところにあるとおもいます。

超音波加湿器のデメリット

超音波加湿器のデメリットとしてはメンテナンスを頻繁に行わないと
水で超音波加湿器がカビたりして病気の原因となるなど、考慮しないといけないことがあります。
メンテナンスが面倒だから敬遠する部分あるとおもいますが
加湿器の水は入れっぱなしで1週間過ごすほどの利用だったら
加湿器を買う必要もないほどでしょう、

乾燥の対策として利用なら、加湿器の水は毎日入れ替えることは
必須になってくるかとおもいます。
なので、カビたりすることへの対応としては
超音波加湿器自体の掃除がしやすいかどうかというので選ぶのも
何年も利用することを考慮すると重要な要素だとおもいます。
 
 
メンテナンスのしやすい超音波加湿器は
あるのかなとおもってみたら、
その点を考慮した製品がありましたので、
ピックアップしてみました。
 

メンテナンスのしやすい超音波加湿器


水に浮かべるクリーンな加湿器 MIRO CleanPot (レッド) CP15RJP
12,544円
通常配送無料
水を替える時にタンクを外す手間がなく、給水ならトレーに水を注ぐだけ。
タンク内の水を放置して雑菌を心配する必要がありません。
アマゾンのレビューなどをみていると分解して掃除できるので
カビやぬめりなどの心配もなくなります。
超音波加湿器としての価格は高いですが、メンテナンス面ではかなり
便利な超音波加湿器です。
 
 
 

水に浮かべて使うタンクのない加湿器 MIRO CleanPot「Luma Touch」 CP03-LT
19,134円
丸ごと洗える「防水設計」というだけあって
分解して丸洗いできる構造になっています。
CP15RJPに改良を加えた2016年モデルです。
洗いやすさをさらにグレードアップ
価格は高いですがメンテンナス面ではかなりいい製品ですね。
 
 
 

Deik 超音波式加湿機 アロマディフューザー 空気清浄機 アロマランプ 静音 空焚き防止 自動停止機能 7色変換LED付き 大容量 500Ml AD-P1
3,999 円
空焚き防止機能と自動停止機能付き、水がないと自動offなので、夜中電源を切り忘れの心配もありません。
容量は少ないですが、毎日水を追加したり洗う前提で考えると
フタを明けて水を注いだり掃除したりできるので
便利ですね。
価格もやすいです。
 
 
 
アロマディフューザーを除くと、メンテナンスを考えて作られている超音波加湿器はあまり
みあたりませんが
高級な超音波加湿器を購入してメンテナンスをするというよりも
3000円程度に超音波加湿器を
適度に買い換えるという選択肢も
ありかもしれませんね。
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。