近い将来のPCの操作 透明ディスプレイを備えた3Dデスクトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MIT Media Labの博士課程の学生で、Microsoftの研究実習生であるJinha Lee氏は、Cati Boulanger氏(同社の研究者)とともに、さらなる進化への足掛かりになるような新しいタイプのコンピュータのプロジェクトに取り組んできた。Lee氏は彼の個人ブログで、透過型の3Dデスクトップについてのより詳細な内容を説明している。

 一見、キーボードをタイプする手が画面の背後にあるように見える。しかし、画面は実際は透明なOLED(Samsung製)で、3Dで手振りをコントロールできるコンピュータを内蔵している。また、様々なアプリケーションを素早く動かすことができ、「Johnny Mnemonic」や「Tron」 、(そして言うまでもなく「Minority Report」も)を組み合わせたかのような方法でウィンドウを開くことができる。カメラはまた、深さの感覚や正確な視覚を表示するために、頭の動きもキャプチャする。

 当プロジェクトは、ワシントン州のレドモンドで開催された「Microsoft TechForum 2012」で公開された。

Microsoftは、「透過型のOLEDディスプレイが、視覚を捕らえて深さを補正しながら、画面上のオブジェクトを操作しているところ」を披露している。
提供:Microsoft

デモなので、操作している対象があらいですが。
近い将来は、こういうのが応用されて、空間とジェスチャーで
操作するということになりそうですね。

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す