東芝のBookPlace MONOとKindle Paperwhiteを比較してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

toshiba_1_s1
 
東芝がE Ink電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー端末「BookPlace MONO」を発表しました。
BookLiveのシステムを利用して構築していた
電子書店「BookPlace Cloud Innovations」を自社で運営する形になり
今のところBookPlace MONOは新しい『BookPLACE』専用端末となるようです。
 

ディスプレーはピンチイン・アウトに対応し、正面にはホームボタンを装備。
充電はマイクロUSBで行ない、フル充電から約8000ページぶん画面切り替えが可能。
 

音楽再生機能はないが、夏頃サービス開始予定の電子書籍の
音声読み上げ機能に対応しているため、3.5ミリのイヤホンジャックも備える。
 

BookPlace MONO 価格

単体販売は行なわず、端末といっしょにストアーで使えるポイント、
“静かなるドン”や“ガラスの仮面”などの同タイトルの
電子書籍を20巻前後まとめた“まとめ買いセット
”(静かなるドンの場合、20巻ぶんで通常9460円)となる。
バリエーションは以下の通り。
・端末+名作どれでも1セット 1万3900円(2013年5月10日まで、9800円)
・端末+名作どれでも2セット 1万9800円
・端末+名作どれでも3セット 2万4900円
・端末+3万ポイント(1万ポイントのチケット3枚) 3万円
 

BookPlace MONOのスペックはどうなのでしょうか?
Kindle Paperwhiteを比較してみました。

 

BookPlace MONOとKindle Paperwhiteを比較

 

  BookPlace MONO Kindle Paperwhite
スクリーンサイズ 6インチ(758×1024ドット) 6インチ(212 ppi)
通信方式 IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n
メモリカードスロット microSD/microSDHC なし
重量 約180g 213g
内蔵メモリー容量
使用可能領域
4GB/1.2GB 2GB/1.25GB
幅x高さx奥行 110x170x11 mm 117×9.1×169 mm
価格 上記に記載 7980円
12980円(3g)

 
 
スペックはいいと思うのですが。
気になったころはデバイスではなく
以下のことです。
 
電子書籍サービスとして
BookPlace powered by BookLive!は「BookLive! for Toshiba」となり
BookLive!とBookLive! for Toshibaにどういう違いがあるのだろうかが気になります。
 
「BookLive! for Toshiba」のコンテンツは
BookLive!専用端末のLIDEOで読めるのでしょうか?
 
BookLive! for Toshibaと別ものとして
新しく「BookPlace 」が誕生します。
 
電子書籍では、DRMの問題やらいろいろありますが
ユーザーを切り捨ててまで
新しいサービスを立ち上げて運営していくことになったのは
何か新しい取り組みでもされるのでしょうか?
もしかして、事件は会議室で起きてるのでしょうか?
 
そのあたりが気になってしまいました。
 

LideoとKobo GloとKindle Paperwhiteを比較
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す