Surface Pro と Surface RTは何が違うのか?比較してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Surface_Pro_vs_Surface_RT

 
いよいよ日本でもSurface Proが発売されるようですね。
 
少し前に発売されたのは「Surface RT」
TVのCMでもよくみることがあるとおもいますが。

この「Surface RT」と「Surface Pro」はいったい何が違うのでしょうか?
見た目はほぼ変わりません。

OSの違い

Surface RTはWindows RTを搭載していて、
Surface ProはWindows 8 Professionalを搭載しています。

Windows RTは従来のWindowsソフトがほぼ動作しません。
そもそもARM系プロセッサとx86/x64系ソフトウェアでは全然互換性がありません。
つまりWindows RTを搭載している「Surface RT」は
従来のWindowsソフトがつかえないので、
Windows搭載ノートPCにかわるような利用は難しいものでした。
 

しかし「Surface Pro」は
Windows Proを搭載しており、タブレットといいつつも
Windows搭載ノートPC並みのことができるようになります。

 

その他、スペックも違いがあるので
まとめてみました。

 

Surface Pro と Surface RTを比較してみました

 

 

 

 

 

 

 

 

Surface RT Surface Pro
OS Windows RT、
Office 2013 RT (Word、PowerPoint、Excel、および OneNote) 搭載。
※Windows ストアから入手できるアプリでのみ動作します。
Windows 8 Pro
uses the apps available in the Windows Store.
Also runs applications from Windows 7 desktop and integrates
with your existing enterprise management infrastructure.
CPU クアッド コア NVIDIA Tegra 3 Core i5 Processor with Intel HD Graphics 4000
RAM 2 GB RAM 4GB RAM
解像度 10.6 インチ ClearType HD ディスプレイ
1,366×768 ピクセル
16:9 (ワイドスクリーン)
5 ポイント マルチタッチ
10.6 インチ ClearType Full HD ディスプレイ
1920×1080ピクセル
16:916:9 (ワイドスクリーン)
10ポイント マルチタッチ
ストレージ 32 GB、64 GB 64GB, 128GB
大きさ 275 x 172 x 9 mm 275 x 173 x 13.5 mm
重量 約 675 g 約 907 g

 
「Surface RT」と「Surface Pro」ではOS以外にも違いがあります。
解像度や、RAMの容量も違い、Surface ProのCore i5には内蔵GPUがあるので、
描画性能にも差がでます。
「Surface Pro」はRTより若干重く、ほんのすこし厚くなっています。
 
 
 

Surface Pro
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す