SEOに超重要は高速化 ブラウザのキャッシュを使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


Googleはページ表示速度が検索結果のランキング要因の一つであることを既に公表しています。
WEBサイトの表示が早いほうが検索結果には良いということです。

ページ表示速度の向上はユーザー・エクスペリエンス(UX)の向上にもつながりますし、
サーバー負担を減らすことになつながるなどメリットをもあります。

GoogleAnalyticsをみるとWEBページの速度も計測してくれていますが。
制作したページの速度を制作したらすぐに測定しておきたいものですよね。

そんな時は
Google PageSpeed Insightsが便利です。
Google PageSpeed Insightsは、Googleが提供する無料ツールで
URLを入力するだけでモバイル/PCのそれぞれのページパフォーマンスを測定してくれます。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

Google PageSpeed Insightsを利用すると
何をしたら良いか提案もしてくれます。
便利ですね。

WEBページを高速化するにあたり、
サイト全体にも好影響を与える方法としてブラウザキャッシュを利用する方法があります。
Google PageSpeed Insightsでも提案される箇所になるとおもいます。

ブラウザのキャッシュ

ブラウザのキャッシュは、Webページを表示したときに取得したデータを一時的にローカルコンピュータに保存しておく仕組みで、同じページにアクセスした場合、WEBページのデータを再びブラウザはダウンロードを行わず保存されたデータを参照するようになるため、WEBページを表示する速度が早くなります。

Googleが推奨するブラウザキャシュは以下より確認できます。
以下の通り
https://developers.google.com/speed/docs/insights/LeverageBrowserCaching

いろいろ記載されているのでGoogleのことを参考にしてもらって

.htaccessを利用してブラウザのキャッシュを制御するようにしたいとおもいます。

.htaccessでブラウザキャッシュを活かす記載は以下のとおりでおこないました。
ExpiresActive On
ExpiresByType text/css “access plus 1 days”
ExpiresByType image/gif “access plus 1 weeks”
ExpiresByType image/jpeg “access plus 1 weeks”
ExpiresByType image/png “access plus 1 weeks”
ExpiresByType application/x-javascript “access plus 1 weeks”

.htaccessに記載をしている方は利用には注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。