TVの音をBluetoothで接続したイヤホンで聞くためのトランスミッター2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


テレビで迫力あるアクション映画やSF映画を見る場合、
マンションぐらしなら音量がきになります。
TVの音量を大音量にしたら、間違いなく近所迷惑ですし。
同居している家族などにも、迷惑になる行為です。

だからといって、音量を下げて映画などをみても
迫力もなくて、本来の面白さや臨場感が減少してしまうだけです。

TVにイヤホンやヘッドホンをつなぐ

そういうときのために
イヤホンやヘッドホンを活用するのが一番いいのですが
イヤホンをテレビにつないでしまうと、ケーブルが邪魔になったり、
ケーブルの範囲にいないといけないので、若干窮屈です。
TVがBluetoothに対応していれば、範囲は広くなり便利ですが、
Bluethoothに対応してないTVを使っている人がかなりおおいとおもいます。

TVをBluetooth対応にするトランスミッター

トランスミッターという機器をつかうことによって、
BlueTooth対応していないTVもBluethooth対応になり、
面倒な配線をいじくらなくても、ワイヤレス接続に対応していない機器をワイヤレスで使用できます。
離れたとこからでもイヤホンでTVの音声を聞くことができるようになります。

トランスミッターはなんでもいいわけではない

Bluetoothに対応してない機器からの音声を離れてイヤホンで聞くためには
トランスミッターがいいのですが、
何を基準に選べばいいのか、どれが自分にとっていいのか
用途によって変わってくると思います。
Bluetoothヘッドホンを使っている人にとってはよくわかっていることですが、
Bluetoothでの音声転送には無圧縮でおくるとデータ量が多すぎるため
圧縮して音声データをおくるようになってます。
このBluetoothの圧縮率を理解して製品を選ばないと
TVの映像をみながら音声をイヤホンで聞きたいと思った場合には
公開するはめになります。
Bluetoothの音声転送の圧縮の種類をしっておきましょう。

Bluetoothの圧縮方式

コーデック 説明 遅延
SBC(SubBand Codec) 圧縮送信時にタイムラグが発生し
音の遅れが出てしまう。
どの機器でも使える
0.2秒
AAC(Advanced Audio Coding) SBCと変わらない圧縮率、送信時のタイムラグがSBCの半分程度。
高品質な音楽を楽しむ事が出来る。
0.12秒
aptX 高音質。圧縮率低め 0.07秒

どの機器でも使える代わりに若干遅延が発生する「SBC」という方式
「SBC」と同等程度の圧縮率だがタイムラグを半分程度にし高品質な「AAC」
使える機器が限られている代わりに遅延がもっとも少なく音質も良いと言われている「aptX(LowLaytency)」という方式が
あります。
音質についは「aptX」のほうが良い音であるといわれていますが、
方式でかわるというより、イヤホンやヘッドホンの機能で大きく変わりますし、
好みの音質というのが個々あるともいますので、
これは好みになるのではないかとおもいます。

映像をみながららならaptに対応したイヤホンとトランスミッター

「SBC」方式は音楽プレイヤーで再生されている曲を
Bluethoothで転送してイヤホンで聞くといのであれば
遅延などしても問題ないで、正直どの方法でもいいのではないかと思います。
TVの音を離れてイヤホンで聞くようにするという点ではあまりおすすめしません。
ここで気にしなければならないことは音が遅延してしまうということです。
SBC方式での音声転送、オーディオ機器が音を鳴らしてからヘッドホンが音を鳴らすまで、
公称値で0.2秒ほどの遅延がありますが、aptX方式では0.07秒となっており
aptx方式のものであれば動画をみても十分たえられる数字だといえます。
映像をみながららならaptに対応したイヤホンとトランスミッターを選ぶと
映像と音がずれてしまうということにもならず安心してTVからの映像を
離れて場所でイヤホンで聞くことができます。

TVの音声をBluetoothで転送できるトランスミッター

aptx方式に対応し、TVの動画にずれたりせず音を転送できる
トランスミッターを紹介します。


Bluetooth送信機 ワイヤレス オーディオ トランスミッター
¥ 1,783
テレビや映画を見る時に最適化されるようにAACとAPTXの機能をコーデックするだけではなく
Bluetooth V2.1 + EDRのバージョンで、データ転送スピードを加速し音の伝送が遅れることを減少している機器です。
そして安いです。


JPRiDE JPT1 Bluetooth トランスミッター & レシーバー ( 受信機 + 送信機 一台二役 ) AAC APT-X 対応 送受信両対応
¥ 3,480
2台同時接続も可能:入力機器の音声を、
2台のbluetooth機器で同時に再生する事ができます。


August 改良版 TV向け Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター 1対2
¥ 3,890
TV向けを前提としてつくられているため
コンパクトでapt-Xまたapt-X Low Latencyに対応し
Bluetooth オーディオの延滞を40ms以下に軽減し。
映画/ビデオの音声を、ハイクオリティにシンクロナイズして快適に鑑賞できます.
Bluetooth送信機として、1つの音源を2つのヘッドホン・イヤホンに同時に放送できます。
夫婦でBluetoothヘッドフォンを使って映画を楽しめます。

apt-X 対応イヤホン

トランスミッター同様にaptx方式に対応し、TVの動画にずれたりせず音を受信できるイヤホンを紹介します。
ヘッドホンもいいのですが、イヤホンのほうが外出時も使えるので種類も豊富で価格もリーズナブルです。


MONPESUM-Bluetooth イヤホン ブルートゥース 高音質 ワイヤレス イヤホン無線ヘッドセット マイク付き ハンズフリー通話 IPX4防水 低音重視 マグネット搭載 ノイズキャンセリング スポーツ仕様
¥ 2199
音質もよくマラソンしながらも使えるように考慮されており
好評のイヤホンです。


dodocool 無線イヤホン Bluetooth インイヤー型 通話機能付き ステレオ 磁気吸引 apt-X CVC 6.0ノイズキャンセニング搭載 10時間持続 インラインリモートとHDマイク付き
¥ 899
破格に安いです。
音質にこだわる人でないなら、これでも十分ですね。


SoundPEATS(サウンドピーツ) QY8 Bluetooth イヤホン 高音質 apt-X対応 マイク付き ブルートゥース
¥ 1,990
こちらも安いです。

Bluetoothのapt-X に対応したトランスミッターとイヤホンがあれば
TVの音を大音量にしても、近所迷惑になることなく
映画などを楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。