無制限WIFIは今後はなくなっていくのか。問題の本質はなにか?

無制限WIFIは今後はなくなっていくのか。問題の本質はなにか?

無制限 wi-fi サービスが一気にふえたとおもったら、次々と問題が発生しています。
それぞれのサービスのWEBサイトを見ると2つことに触れられています。
1.端末の調達ができなくなっている。
2.通信の混雑による通信速度低下。
サービスを提供する会社はそれぞれ対策をするといことをWEBサイトで記載していますが
これからどうなっていくのでしょうか?
問題の本質はなんなのでしょうか?
それらを考えてみたいと思います。
前提として、当事者ではないので、詳細なことはわかりません。考察です。
間違っていることもあるかもしれません。
 
 

無制限WIFIビジネスモデルについて

日本で無制限WIFIとしてサービスを提供している会社の多くはクラウドSIMの技術をつかっており、
UcloudLink社の端末の提供受とクラウド上でのデータ通信の管理を委託して一般の消費者に販売するモデルとなっていると思います。
端末とデータ通信の管理はUcloudLink社
データ通信の回線の調達は各サービス提供会社
という構造になっています。
 
 

通信の仕組みは

メイン回線としてSoftbankより法人向けの大容量のSiMを仕入れ、
MVNOから格安SIMを仕入れ、uCloudLink社にシステム上でクラウドSIMとして管理しているという状況のようです。
3キャリアといってるとこが多いですが、Softbank,MVNOのDocomo回線、MVNOのAUの回線で構成されて
UCloudLinkの仕組みでデータ通信をコントールされいるようになっています。
参考:データ無制限WiFiサービスの通信障害
 
 

どうして低速化が起きるのか

UcloudLink社からの声明にもあるように
UcloudLink社は問題なくサービスを提供できていることからデータ通信の管理などの機能は問題なく
それぞれ無制限WIFIを提供する会社がSIMが調達できなくなったことが原因になっていると推察されます
それぞれの無制限WIFIもサービス開始時の少ないユーザーの間は快適に使えていましたが、ユーザーが増加し通信が逼迫しはじめ、それに見合った回線を増やそうとしていた矢先に、SoftBankのからSIMの調達ができなくり、低速化を改善できない状態になったことが、低速化を改善できないる原因になるとおもいます。
MVNOのSIMなどは増やすことはできても、Softbankから法人向けの大容量のSIMの調達がとまってしっては、快適な通信を維持できなくなります。
 
 

問題の本質

SoftbankのメインとしてSIMを調達し続けることができたいたら、通信品質の維持はできていたのでしょう。
無制限というキャッチフレーズで契約数を増やし続けてデータ通信が逼迫してきたら、回線の調達ができず、品質を維持できなくなったことが問題です。
満員の通勤電車のなのに乗客をふやしつづけている状態では利用者も契約してみると、
座る席はもなく電車に乗車できないそんな状態にまでなってしまっていることだといえるとおもいます。
3キャリアでどこでもいつでもつながり、無制限のデータ通信ができるということサービスの特徴として打ち出していたのに、
通信の低速化ではないかとおもいます。「契約内容と違うよ。」っていいたくなりますもんね。
 
 

なぜ、SoftbankからSIMが調達できなくなってしまったのか?

SoftbankからSIMが調達できていのかは運営者でないとわからないので、考察なのですが、
Softbankは一般の利用者に無制限の通信を提供しているわけではありません。
法人向けに特別に大容量のプランを提供することはあったとしても、一般消費者向けではありません。
無制限WIFIの通信の仕組みは、クラウドSIM技術を利用し、大量のSIMを調達することで、無制限で高速データ通信を可能にし
個人に提供することができていました。
今回3500円程度のかなりの安い価格でサービスを提供していました。
SoftBank側からすると、自分たちが一般商品者向けに提供している価格よりも安くされてしまうし、メイン回線として利用され大量のデータ通信をしていうるわけなので、
自分がSoftbankやキャリア側の人間だったら、悪用されているというふうな印象さえもち、回線提供をとめてしまうとおもいます。
 
 

これから無制限Wifiはどうなるのか?

個人的ではありますが、回線を提供している3キャリアが無制限の通信を一般消費者に提供していないかぎり、大容量のSIMを安価ではしばらくは法人にも提供しないとおもいます。そのため、しばらくの間はサービスを拡大することができず、契約者を増やすと、回線を逼迫し低速化してしまうため、拡大していくことはむずかしくなるのではないかとおもいます。
 
 

まとめ

個人的には今回のビジネスモデルは回線を提供する側からすると嫌なやり方だったかもしれませんが、通信の使用方法の契約事項などが不明確だったり、
データ仕様の制限が甘い部分もあることだともいますし、販売をしているサービス提供社もビジネスなので、お客様に印象的なキャッチフレーズとして無制限を謳うのは大容量のSIMが調達できる限り実現可能だったことでしたし、当然のことだったとおもいます。
こうやって新しいビジネスが既存の業態に変化をせまって改善されていくのは良い流れであると思います。
しばらくは、無制限WIFIは現状より会員を伸ばせないまま、横ばいかもしくは縮小をするかとおもいますが。
通信には楽天も参入してきましたし、5Gに通信が移り変わり始めると今のようなデータが逼迫する時間は改善するのではないかとおもいます。
各キャリアもシェアをふやしていくことは今後難しくなるため、2年以内にはもう一度、大容量もしくは無制限の流れになるのではないかと思います。

直近の数ヶ月は、無制限を謳うようなWifiサービスは低速通信になってしまう可能性もあるため、長期での契約はひかえたほうがいいかもしれません。

持ち運びできるWIFIを約するのであれば、月間の利用データ容量が明記されているようなサービスや、短期での契約ができるWIFIを利用することがおすすめです。

最近は私はテレワークをしており、
テレワークにも耐えられる通信ができて、月のデータ容量も明確で、短期で利用できるレンタルサービスからWIFIをレンタルしています。
快適です。
テレワークにも最適 LightPocket WIFI
 
 

スポンサーリンク




予想カテゴリの最新記事