USB接続のHDDをワイヤレス化するWi-Fi変換アダプタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

cwfn_u2_g10
 

USB HDDをワイヤレス化するアダプタ
多段HDDケースやUSBハブも使用可能とされている。
3TBを超えるHDDも認識でき、最大で6台の外付けHDDを同時に無線化できます。
USB HDDやUSBメモリといったUSB接続のストレージに、
無線LAN経由でアクセスできるようにするインターフェイス変換アダプタ。
本体は、無線LANアンテナとストレージ用のUSB 2.0ポート(標準A)
給電用のUSBポートなどを備えるシンプルなデザイン。
 
■フォーマット不要!NTFS、FAT32、NFS+に対応しているのでそのままデータをワイヤレス化可能。
■3TB以上の大容量HDDと最大6台までのHDDを個別認識可能。
■専用アプリ「Ikasu File Manager」でタブレットやスマートフォンでも簡単アクセス。
■メディアサーバー機能を搭載、DLNA対応機器で動画や音楽の再生が可能。
 
cwfn_u2_04

USB ポートがひとつしかありませんが、
USB ハブを使うと、最大6台までの外付け HDD を個別のネットワークドライブとして認識します。
また HDD に限らず、USB メモリなどほかのマスストレージデバイスも使用可能。
対応するフォーマットは NTFS、FAT32、HFS+ 。
 
無線 NAS 化した HDD は PC からはネットワークドライブとして認識するほか、
スマートフォンやタブレットからは
専用アプリ「Ikasu File Manager」を使用してファイルの閲覧、
アップロードが可能となります。
さらに、PS3 などの DLNA 対応機器からのアクセスもできます。
無線化した HDD に同時にアクセスできる PC やスマートフォン、タブレットなどは最大5台まで。
 
WiFi は IEEE802.11b /g /n (2.4GHz帯)に対応し、
速度は最大150Mbps ですが、
USB 側の実効速度は約3~4 MB/sec 程度とのこと。
暗号化は WEP / WPA / WPA2 に対応、
アクセス方式はアクセスポイントモードとアクセスポイントクライアントモードの2種類で、
家庭などの既存のアクセスポイントにクライアントモードで接続すれば、
インターネットへのアクセスを維持したまま使用することが可能。

 
cwfn_u2_big
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す