ドコモの完全定額音声通話「カケホーダイ」/データ通信る「パケあえる」どこが得になるか考える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

00

01
カケホーダイは月額2700円(税別、税込み2916円)で、
他社を含む国内固定・携帯電話と通話し放題になる。

既存のXi向けプランと比較すると、
一般的なプラン「タイプXiにねん」の場合、49分以上通話すると2700円を超える
(基本使用料月額743円+1分40円×49分=2703円)。

「タイプXiにねん」プランのユーザーで月に49分以上通話する(無料通話先除く)場合は
新プランカケホーダイ(月額2700円)のほうが得になるが、
音声通話をほとんど利用しないユーザーでは維持費が高くなる。

ビジネスなどで使っている人のはかけ放題は役立ちますが
大多数のひとは、かけ放題を選択するより
LineなどアプリやSmartalkを使っていたほうが安くおさまる人が
大多数のようなきがします。

02

パケット通信のデータ通信量を家族間・同一法人間などで分け合える料金プラン「パケあえる」
個人でも複数台で共有できるため、2台以上を運用している場合は従来より安くなる場合もある。

家族4人で10GB使う場合は9500円+3人分のシェアオプションとして500円x3
12000円ということになりますね。

一人あたり、2.5GB 4000円。
通常はこのぐらいあれば月のデータ通信は余裕でしょう
現在より2000円程度安くなるのですね。

しかし、4人でないばあい
ここまでさがりません。

かけ放題は申し込まず、パケ割を使えば
毎月の金額は下がりそうですね。

ドコモを機に、KDDI、SOFTBANKがどう動くか
それからYMobileもどう動くのか。

楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す