3TB、バズパワー、USB 3.0対応の外付けポータブルHDDを選んでみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


2017年10月現在
パソコンのHDDの残りが150GBとなっていた。
もともと500GBだが、いつの間にそんなに容量をつかってしまっているのだろうと
不思議に思うが、画像や動画など思いの外、容量をつかってしまっているのだろう。

こんな時、便利に、クラウド上で保存して置ければなあなんておもうものですが。
動画は転送速度に不安があるし動画の内容によっては削除されてしまう危険性もあります。

今後成長してくる分野ではありますが、
まだまだ、手元にHDDをもっておくほうが安心安全。

HDDを買うという選択肢が今のところ無難になってきます。

HDDを買うという場合に気をつけたい条件としては個人的には
下記の4つがあります。

●外付け (パソコンを変えても使えるように)
●3TB以上
●バスパワー (給電はPCと接続だけですませて、余計なコード増やしたくない)
●USB3.0対応 (転送速度ははやくないと)

この条件を満たす外付けHDDを選んでみました。
2万円以下で持ち運ぶほどではないが、取り付けたり外したりできるサイズの
HDDです。


MARSHAL 外付け ハードディスク 3TB ポータブル HDD 大容量 USB3.0/2.0 【簡単接続】 テレビ録画対応 バスパワー 放熱性に優れたアルミボディ MAL23000H2EX3-MK
¥ 11,680
電源:USBバスパワー

PCに差し込むだけですぐに使えて便利です。
価格も安くなってきています。


WD HDD ポータブルハードディスク 3TB WD Elements Portable WDBU6Y0030BBK-WESN USB3.0/2年保証
¥ 13,754
電源:USBバスパワー
コンパクトで持ち運びもできます。


BUFFALO 耐衝撃対応 2.5インチ(ポータブル) 外付けHDD 3TB ホワイト HD-PNF3.0U3-GWE
¥ 18,000
電源:USBバスパワー
耐衝撃対応というだけあって持ち運びしやすく軽いです。
安心のBUFFALO です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。